« 気象神社物語(15) | トップページ | 気象神社物語(17) »

2007年11月27日 (火)

気象神社物語(16)

  日本各地にある「知恵の神」の紹介(そのニ)
 「知恵の神」「八意思兼命(やごころおもいかねのみこと)」・・・を御祭神にしている神社は「気象神社」の他、日本では思金神社(神奈川県横浜市)秩父神社(埼玉県秩父市)戸隠神社(長野県長野市)阿智神社(長野県下伊那郡阿智村))静神社(茨城県那珂市)などがあり、「(フリー百科事典)」を参考に調べたので紹介する。
 

「戸隠神社(中社)」
「天八意思兼命(あめのやごころおもいかねのみこと)」
 Chusha                                                       戸隠神社は霊山・戸隠山の麓に、奥社・中社・宝光社・九頭龍社・火之御子社の五社からなる、創建以来二千年余りに及ぶ歴史を刻む神社です。
 その起こりは遠い神世の昔、「天の岩戸」が飛来し、現在の姿になったといわれる戸隠山を中心に発達し、祭神は、「天の岩戸開きの神事」に功績のあった神々をお祀りしています。

 平安時代末は修験道の道場として都にまで知られた霊場でした。神仏混淆のころは戸隠山顕光寺と称し、当時は「戸隠十三谷三千坊」と呼ばれ、比叡山、高野山と共に「三千坊三山」と言われるほどに栄えました。

 江戸時代には徳川家康の手厚い保護を受け、一千石の朱印状を賜り、東比叡寛永寺の末寺となり、農業、水の神としての性格が強まってきました。山中は門前町として整備され、奥社参道に現在もその威厳を伝える杉並木も植えられ、広く信仰を集めました。

 明治になって戸隠は廃仏毀釈の対象になり、寺は切り離され、宗僧は還俗して神官となり、戸隠神社と名前を変えて現在に至ります。

 五社の「中社」の祭神は天八意思兼命(あめのやごころおもいかねのみこと)学業成就・商売 繁盛・開運・家内安全に御神徳があります。

 「阿智神社」
 「天思兼命(あめのおもいのかねみこと)

Ati
 長野県伊那谷の山間地阿智村にあります。阿智神社は式内阿智神社といい、式内とは平安時代の延喜式という公式の書物にのっている。神社のことで、由緒ある神社のことです。

 阿智神社は前宮、奥宮の2つの社があります。前宮は昼神部落の中央部、昼神公園の近く梨子野沢川西岸にあり、祭神は天思兼命と天表春命です。相殿には誉田別尊、健御名方命、大山咋命が祀られています。奥宮は阿知川に沿って上ること2km余、本谷川と黒川が合流して阿知川となる老木が欝蒼としげる半島状の場所に祀られています。祭神は前宮と同じ天思兼命と天表春命です。奥宮の境内には古代の祭祀遺跡といわれている磐座(いわくら)という苔蒸した岩があります。

 祭神の天思兼命はものさしの元といわれるものを発明した神です。また天照大神が天の岩戸にお隠れになったとき、天照大神を再び外に出した神であるともいわれ、勉学や知恵授けの神と名高く参拝者も多くいます。

「静神社」
 「意思兼命(おもいかねのみこと)」

Shizujinja
 静神社(しずじんじゃ)は茨城県那珂市にあります。創建時期ははっきりしないが、『日本文徳天皇実録』に「嘉祥3年(850年)9月使を遣して静神社に奉幣せしむ」との記述があり、それ以前と考えられる。 鹿島神宮、香取神宮と共に東国の三守護神として崇拝され、豊臣氏や徳川氏から寺領などの寄進を受けたとの記録がある。

  江戸時代に入っては、水戸徳川家の祈願所とされ、維持管理は藩費によってなされた。 元々は神仏習合であったが水戸藩第2代藩主徳川光圀が1667年に唯一宗源神道に改め、本殿、拝殿、神門等を造営したが、1841年に社殿が焼失し多くの社宝を失った。 このとき燃えてしまった御神木の切り株が現在も境内に残っている。 現在の社殿は、水戸藩第9代藩主徳川斉昭により1842年に再建されたものである。

 主祭神は建葉槌命(たけはづちのみこと)、相殿神は 手力雄命(たじからのみこと)・高皇産霊命(たかみむすびのみこと)・思兼命(おもいかねのみこと)。 常陸一の宮の鹿島神宮に次ぐ常陸二の宮と称される。延喜式神名帳の名神大社。

|

« 気象神社物語(15) | トップページ | 気象神社物語(17) »

気象神社」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/485957/9143238

この記事へのトラックバック一覧です: 気象神社物語(16):

« 気象神社物語(15) | トップページ | 気象神社物語(17) »