« 気象神社物語 (22) | トップページ | 気象神社物語(24) »

2008年3月28日 (金)

気象神社物語(23)

海の神社(その2) 風の神 「風穴神社」

Photo 風穴神社の祠 HP赤星山 (写真参照)

海上で一番気になる現象は風であり、台風や台湾坊主と呼ばれる強い低気圧や季節風である。

昔、引安、文永年間のいわゆる元寇の役で、蒙古の大部隊が大きな被害を受け、そのために我が国は難をまぬがれた話はあまりにも有名である。神の風は敵も味方も平等に吹いた筈で、大きな海難を受けたのは馴れない航海に対する判断の甘さであった。

風の予測は非常に難しいものである。ギリシャのアテネには8つの風の神の彫刻があるそうで、それぞれ8つの風の方位を受け持っている。日本の風の神の姿は鬼であり、大きな風の袋を抱えている。

やまじ風で知られる愛媛県東部宇摩地方には土地特有の風がある。この「やまじ風」は、山からの吹きおろしの風でこの地方の人々にはやっかいもので屋根瓦も吹き飛ばすほどである。

養老4年(720)に宇摩大領越智玉澄が大山積の神をお迎えしようとした所、土居の沖で「やまじ風」が吹き船が遭難しかけた。玉澄が豊受山に向けて祈ると、豊受山の隣の山に流星が飛び山頂に赤い火が現れ海を照らし、嵐がおさまったと言われています。後赤星の現れた山を赤星山と呼ぶようになったという。HP「赤星山」参照)

そこにある豊受山の頂にある一つの穴を風穴と呼び、その穴から強い「やまじ風」が吹くと信じていたと言う。昔からそこに小さな祠を祭って「風穴神社」と呼び、例祭日には経一寸の団子を備えて、豊作を祝うと共に風穴に団子を投げ入れて「やまじ風」を吹かないことを祈願しているという。

風は昔から恐れられているが、現代でもその一面は忘れられておらず、風の神の威厳もなかなか崩れそうでない。                                (参考文献;「漁業と気象第50号」

|

« 気象神社物語 (22) | トップページ | 気象神社物語(24) »

気象神社」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/485957/11897488

この記事へのトラックバック一覧です: 気象神社物語(23):

« 気象神社物語 (22) | トップページ | 気象神社物語(24) »