« 気象神社物語(37) | トップページ | 気象神社物語(39) »

2009年4月14日 (火)

気象神社物語(38)

Photo_3気象神社の保護樹木

Photo_4

   気象神社の保護樹木

どこの神社にも境内には大きな木があり、神社の木は神聖視されていますので、ほとんど伐採されません。

気象神社鳥居の前の木にも「杉並区保護樹木」の看板があり、境内のイチョウ6本、ケヤキ1本など9本も保護木として指定されています。

歴史のある神社には御神木として、しめ縄巻かれているスギやイチョウを見かけます。例えば、高野山奥の院「弘法大師廟」には樹齢1千年以上のスギ木があり見事であります。

神社の参拝には境内や参道にある樹木や御神木も歴史好きの方にはうれしいスポットであります。

    

|

« 気象神社物語(37) | トップページ | 気象神社物語(39) »

気象神社」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/485957/29115900

この記事へのトラックバック一覧です: 気象神社物語(38):

« 気象神社物語(37) | トップページ | 気象神社物語(39) »